このブログを検索

2017年1月28日土曜日

諫早教会 小淵牧師のために 12/21

主の御名を賛美します。
いつも、小淵牧師のためにお祈り頂きまして心から感謝致します。

症状:脳出血(左脳後頭部出血)
視界の右半分が見えない。右腕にかすかな麻痺。
2016年8月16日朝9時から手術となり、(右足小指の先は8/1に切除済みですが)局部麻酔で小
指の付け根の骨まで切断する。
化膿が完全になくなり、壊疽が再発しないように、傷口が速やかにふさがるように。再
び歩けるように。
2016年7月19日に退院されましたが、腎臓機能が低下している。敗血症になっている。
小淵牧師は現在、市民病院から腎病院に転院。
2016年10月1日(土)一時意識がなくなって、呼び出されましたが、CT、MRI、血液検査、血糖値等検査の結果異常はなく、何が原因なのか不明。
足の指の術後の経過は順調だが、今度は、右手中指、左手人差し指が血行不良の為壊
死している状況・細菌感染もあり、右手が腫れて痛みも強い。
※祈りの課題は
食欲が出るように。
血行が悪い体質と言われましたので、指先まで血行が良くなり、奇跡が起こり壊死が癒
されるように。血液中に細菌が入って、敗血症にならないように
血圧の変動が激しいので、正常値に保たれるように。
・血行が良くなり手術ができるようになり、2016年11月29日火曜日市民病院に転院。
30日手術予定となった。
2016年12月21日市民病院から腎病院に転院。
皆様にお祈り頂きました傷口が、2~3日前迄出血していましたが、今日はカサブタになっていましたので、神様に感謝しました。
食事も変わらず完食できており、左手で食べる練習をしております。

牧師としての使命を全うできます様に。
どうぞ、引き続きお祈り頂きます様、心からお願い致します。
諫早教会 小淵美稚子




0 件のコメント:

コメントを投稿