このブログを検索

2017年11月13日月曜日

TLCCC東京アンテオケ教会 イスラエル辻郷牧師のために

イスラエル辻郷牧師よりご報告とリクエストです。よろしくお願いいたします。

「皆様の尊い祈りを心から感謝します。
10月25日から11月7日まで、胆石症で入院いたしました。
今回、胆道閉鎖の症状が許され、緊急入院となりました。2週間の治療は、胆道の
詰まりを解消するために、鼻から胆道の出口まで管を入れ、内視鏡で詰まりの原因であった石を粉々に砕き、胆汁と共に管を通って体外に出す治療でした。初めは、詰まりの原因が癌であるかも知れないという事でしたが、幸い癌は見つかりませんでした。12日間、管を通したまま砕けた石を全部出し切って、今回の治療は無事終了しました。尚、胆嚢の中にある1.8cmの石は、外科の開腹手術(胆嚢摘出手術)によってしか除去することはできません。12月初旬、再入院し手術を受ける事になりました。先天性ミオトニー症候群(麻酔拒否症)の難病を持っており、まだ医学界ではミオトニー患者の外科手術例が無く、今回の入院中に、外科手術が可能であるかを調べる綿密な検査が行われました。
検査の結果、可能であると判断され、手術に踏み切る事になりました。私の願いとしましては、手術なしに、全能の神さまの手によって、胆嚢の石が取り除かれることです。胆石症の完全なる癒しのため、尚もお祈りよろしくお願いします。
イスラエル辻郷」





0 件のコメント:

コメントを投稿