このブログを検索

2018年6月8日金曜日

TLCCC徳島エルサレム教会のオリビア酒井牧師のために


7日
「主の御名をほめたたえます。皆様の尊いとりなしのお祈りをありがとうございます。
昨日(6日)行われた薬アレルギーのでない薬を先生が探してくれて、痛み止めの薬を
投与することによって、薬アレルギー反応が出なくて、守られました。お祈りをありが
とうございました。心から感謝します。ただやはり、薬アレルギーのせいか、息苦しさ
と苦しみがありました。この痛み止めの薬を用いて行くことによって、アレルギー反応
を起こす痛みが治まるよう、お祈りをお願いします。母の病名は「狭窄症」でした。ま
だ両足の膝と足、首、背中など身体中の激しい痛みによって、一睡も眠れない状態です
。身体中の痛みが取り去られ、平安に眠り、平安で居られるよう、お祈りをお願いしま
す。しばらく食事や水分が取れてない状態で、衰弱しているので、食欲が与えられ、誤
嚥せず、食事水分がしっかり、諦めないで撮れるように、お祈りをお願いいたします。
皆様の尊いお祈りを心から感謝します。ありがとうございました。主の恵み鳴門教会 
酒井仁美」

8日

「皆様の尊いとりなしのお祈りを心から感謝します。長い間食事水分が取れてない中、
衰弱して中、飲み込む力が弱り、食水分を取る時にむせて、誤嚥して食べたり、飲んだ
りが困難になっています。薬アレルギーで点滴で栄養が取れないので、自力で食べたり
、飲んだりできないと弱っていきます。また、食べたものを吐いてしまっている状態で
す。食欲を与え、十分な量食べれるように、水分が摂れるように。誤嚥しないように、
吐いてしまわないようにお祈り下さい。また引き続き、両足の膝と足と首、背中など身
体中の痛み、苦しみが取り去られ、眠れるように、平安に過ごせるように、リハビリに
よって元のように立って歩けるように、再び立ち上がることができるようにお祈りをお
願いします。また、痛み止めの薬を先生が入院中に何度か、利く薬を試してみるような
ので、アレルギー反応を起こして死んでしまうことがないように、アレルギー反応を起
こさない痛みに良く効く薬を先生が探せるように、神の支配と守りがあるようにお祈り
をお願い致します。主の恵み鳴門教会 酒井仁美」




0 件のコメント:

コメントを投稿